筋トレ中の筋肉痛は止むまで別メニューで気分転換をする必要がある!?

筋トレ中の筋肉痛は止むまで別メニューで気分転換を

 

3か月前にホームセンターでマックス13キロまで調整可能なダンベルを2個購入し本格的な腕の筋力トレーニングを開始した私でしたが、勢い込んで始めた3日後、早速強い筋肉痛が出てきてしまいました。

 

自分でも最初からかなり突っ込んだメニューだったかな?と反省しているものの、こんなにも急に筋肉痛の症状が出てくるとは思いもせず、ビックリすると共に、その後1週間は腕を安静にしておかなければなりませんでした。

 

そうなると得てして気持ちに焦りが出てきてしまい居ても立ってもいれらなくなるもの。ただ私の場合、腕だけでなく他に鍛えなければならない部位が幾つもありましたから、その間は気持ちを切り替え、主に腹筋を始めとした下半身メインのトレーニングにこなしやり過ごす事が出来ました。

 

またこんな時は焦りを無くす為にも思い切ってインドアを抜け出し、外の気持ち良い空気を吸いながらロードワークに励むのもかなり効果的でした。

 

若干負荷を軽くし、再び腕のダンベルトレーニングを再開出来たのは大事を取って2週間程後の事。ただそれからは適切と思われる負荷とメニューを守ったおかげか、以前の様な筋肉痛に悩まされる事も無くなったのです。

 

無理をせず適度な負荷とケアの元トレーニングをこなせる様になったのは

 

筋トレに夢中になるのも良いですが、その後のクールダウンやストレッチをしっかりやらないと時として酷い筋肉痛が起きてしまい、その後の処置が大変になるケースがあります。

 
私自身そうしたケアの技術に詳しく無い頃は遮二無二バーベルを持ち上げ、その翌朝起きてみれば酷い凝りと痛みが起こっていて日常生活程度しか腕が動かせず、結局ベストなインターバルの3倍は安静の日を入れて痛みが収まるのを待たなければならない、そんなパターンが多いものでした。

 

適切な負荷の掛け方やインターバルの取り方、もちろんトレーニング後の筋肉のケアを含め、しっかりとその技術を身に着ける事が出来たのは本格的にトレーニングジムに通い出してからの事でした。独学で勉強するのが苦手だった私にとって、どんな些細な事でも分かり易くアドバイスしてくれるトレーナーの存在は極めて大きかったのです。

 

トレーニングとそのケアについて、自力で全てこなせる程に慣れた現在、以前程頻繁にジムに通う事は無くなりました。ですが大事な部分は全てノートに書き留め、それを基準にスケジュールを起こし頑張っています。