ダンベル持ちながら踏み台昇降はかなり大変!?

ダンベル持ちながら踏み台昇降

昔から踏み台昇降をしながら足の筋肉を鍛えていたんだけども、結構筋肉がついてしまって、汗をかかなくなってしまったり、本当に効果があるのかと自分で疑問に思ってしまうようになってしまった。
実際カロリーは消費しているからトレーニングになってはいるんだろうけど、体重が減ってしまった分負荷も減ってしまっているだろうし、自分の思っている筋トレとは違ってきてるなぁジムとか通うべきかなぁと思っているときに、通販サイトでダンベルを見つけたので購入してみた。

 

ネットなどで見ていると、ダンベルを持ちながら踏み台をやっているという人もいて、これなら負荷もあがるんじゃないか、と思ったので届いてから早速始めてみた。

 

そしたら、今までと違ってめっちゃ負荷かかって足がきつくなるのが、踏み台を始めたときの感じでめっちゃ筋肉に効いてくる感じがする。

 

翌日には筋肉痛もやってくるし、久々に筋トレをした、という実感の持てる運動になった。
今も毎日三十分くらいやっているけど、負荷をかけたりかけなかったりしてメリハリをつけると、筋肉に効いている感じがとてもある。

 

気分も身体もピカピカ!

 

「運動がしたい!」
「でも、そんな時間もないし、ジムに通うお金もない!」

 

実際、いざ運動を始めようと思ってもめんどくさかったり飽きちゃったりしますよね(笑)

そんな方にオススメなのが「拭き掃除運動」なんです!

 

文字通り、拭き掃除をするだけ!
何を隠そうこの拭き掃除は「二の腕」や「お腹まわり」に効果があるんです。

 

ポイントは楽をしない事(笑)

 

モップタイプの立ったままできるものではなく、雑巾や古いタオルなどを使って四つん這いで昔ながらの掃除をするんです。

 

そこで、意識したいのがなるべく手を伸ばしながら拭くことなんです。
そうすることによって、たるんだ二の腕がみるみるシェイプアップできます。

 

また、肩まわり(肩甲骨)を動かすことによって肩こり防止も期待出来ちゃいます。

 

もう1つプラスしたいのが深い呼吸です。
呼吸が浅かったら、酸素が体に届かないのでしっかり呼吸をしてくださいね♪

 

そうすることで、気になるお腹まわりもいつの間にか薄くなりますよ!

 

なかなか、呼吸を意識しないと深い呼吸は難しいので、初めは特に汚れているところにだけ「ふ~~~」と深い呼吸で念入りに拭き掃除するのもいいかもしれません。(笑)

 

 

ただ拭くだけとおもっているでしょ~?!
いえいえ、これが結構しんどいんですよ。(笑)

 

 

程よい運動ができながら、お部屋がピカピカになるので気分もあがりますよ♪
まずは運動を始める「きっかけ」として始めてみるのはいかがですか?

 

身体を動かして

身体を動かして、たくさん汗をかいた状況では、一時の間尿酸値がアップします。その事から水分をきちんと摂取しなければ、血中の尿酸濃度が上昇した状態で保たれてしまい、痛風の元凶になると言われます。
腹部近辺が膨れ上がるのは、ほとんどのケースで便秘あるいは腹部にガスが溜まるからなのです。このような症状に陥る要因は、胃腸がちゃんと稼働していないからです。
人間は、各々異なっていますが、だんだん年を取っていきますし、身体的パワーも落ち、免疫力なども落ち込んで、いずれはいずれかの病気に襲われて死亡するわけです。
どうして虫垂炎に罹患するのかは、今になってもパーフェクトには解説できないようですが、虫垂の内側に便とか粘液などが不要に溜まって、そこで細菌が繁殖すること、急性炎症が起きる病気だというのが一般論です。
喘息と聞くと、子どもが罹患する疾病のような印象がありますが、最近では、20歳を過ぎてから罹る事例が稀ではなく、30年前と比較した場合、なんと3倍にまで増えているのです。

運動が嫌いで、飲むのが大好きで、コレステロールの多い御飯が止められない人、糖分を多量に含んでいる高カロリーなメニューが中心となっている人は、脂質異常症に陥ってしまうと聞きました。
脳卒中と言いますのは、脳の中にある血管が詰まってしまったり、それが原因で破裂したりする疾病の総称だそうです。数種類に区分できますが、最も罹患率が高いのが脳梗塞だとされているようです。
数々の症状が現れる中で、胸部に痛みがある場合は、生命に結び付く病気になっていると考えた方が良いでしょう。痛みを感じたのはいつか、場所や痛みの程度はどのくらいなのかなど、正確に受診先の医師に話をすることが欠かせません。
糖尿病のために高血糖状態から脱出できないという方は、少しでも早くしっかりとした血糖コントロールをスタートすることが求められます。血糖値が正常範囲に来れば、糖分も尿から排出されたりしなくなります。
いつも笑いを忘れないことは、元気の為にも良いことがわかっています。ストレスの解消以外に、病気の予防にも役立つなど、笑うことには信じられない効果が盛りだくさんです。

老人にとりまして、骨折が致命的な怪我と指摘されるわけというのは、骨折することにより身体を使わない時期が発生することで、筋力が弱まり、歩けない身体に陥る危険性があるからなのです。
骨粗しょう症と言いますのは、骨を形成する時に大事な栄養素であるカルシウム・ビタミンDであるとかタンパク質などが足りないことや、運動不足または飲酒喫煙などが元凶となって見舞われる病気らしいです。
ストレスに負けてしまう人は、通称「ストレス病」を発生しやすくなると考えられます。毎日の生活を変更したり、思考を変えたりして、できる限り普段よりストレス解消に努力することが大切です。
息ができなかったり、鼻の中から嫌な臭いがしてくるといった症状が見られる蓄膿症。原則的に、鼻風邪などなどが原因で発症することも指摘されている、誰もがなりやすい疾病だと言っても過言ではありません。
立ちくらみというのは、ひどい場合は、気絶するという安心できない症状らしいです。よく起きるというなら、マズイ疾病にかかっている可能性もあるはずです。

健康だけには自信があるとおっしゃる方でも

うつ病に罹っているのかどうかは、よく調べないことには見定めることができません。短時間の精神的な落ち込みや、疲れから来る「何もしたくない病」だけで、うつ病であると結論付けることは難しいですね。
咳と言いますと、喉近辺に集まってしまった痰を外部に出す作用があるのです。気道の構成部分でもある粘膜は、線毛と名の付く微小な毛と、表面をカバーしている粘液が認められ、粘膜を護っているのです。
立ちくらみについては、最悪、意識を無くしてしまうケースも考えられるリスキーな症状だと考えます。繰り返し見られるというなら、重篤な疾病に陥っている可能性も考えた方が良いでしょう。
痒みは皮膚の炎症が元凶ででますが、精神状況も影響することが多々あり、意識がそちらに集中したり硬くなることがあったりすると痒みがひどくなり、強引に掻くと、状況は悪化の一途を辿ります。
脂質異常症とか糖尿病など、よく耳にする「生活習慣病」は、30歳ぐらいからきちんと手を尽くしていても、あいにくですが加齢が災いしてなってしまう例も結構あるようです。

膠原病が女性の皆様に多くもたらされるのは、女性ホルモンと関係があるからだとされています。だけども、男の人達が発症する事例が殊更多いという膠原病も見られます。
健康だけには自信があるとおっしゃる方でも、身体に細菌が入り込むと、免疫力が想像以上に下がります。元来身体に自信のない人は、絶対にうがいなどをしてください。
不規則な生活サイクルは、自律神経が機能しなくなることに繋がり、立ちくらみを発生させるのです。食事や就寝時間などは毎日変わらないようにして、生活のリズムを遵守しましょう。
言うまでもありませんが、「ホメオスタシス」が有効に発揮されないこともあると言えます。そのような状況下で、体調維持をサポートしたり、原因そのものをなくすことを目的に、薬品類を使用します。
くすりと言われているのは、病気で痛む所を鎮静したり、その原因を取り除いてしまうことで、自然治癒力を助ける役割をします。それから、疾病の拡散予防などに使用されることもあると聞きます。

無理をして下痢を抑え込むと、身体内部にウイルスであったり細菌が棲みつくことになり、重症化したり長期化したりするように、本質的には、咳が出ても気にしない方が良いと考えられています。
「おくすり手帳」と言いますと、その人その人が処方されてきた薬を確かめられるように管理するために提供される一種の「カルテ」だと考えられます。医療用医薬品は言うまでもなく、今使用している一般用医薬品の名前と、その使用状況などを忘れず記帳します。
ウイルスにとっては、寒い時節は最高の環境なのです。感染する力が増すのみならず、空気が乾燥することになると、ウイルスの水分も抜けていくことで比重が軽くなりますから、空気中に浮遊することも容易になり、感染しやすくなるというわけです。
腸あるいは胃の動きが酷くなる原因は、病気は勿論の事、体調不良・加齢、そして、もう1つはストレスです。その他、間違いなく原因だとされているのが、「暴飲暴食」だそうです。
腹部近辺が膨れ上がるのは、ほとんどのケースで便秘ないしはお腹の内部にガスが蓄積されるからだと言われます。こんな症状が出る原因は、胃腸が十分に働いていないからなのです。