筋肉疲労、体力がある人ほど注意することがある!?

筋肉疲労、体力がある人ほど注意すること

 

自分は体力がある、運動も筋トレもどっちも日頃から頑張ってるからね!
…って人ほど気をつけてもらいたいことがあります。

 

介護のこと教えているある女性看護師さんも言ってたけど、実は力があると自信がある男性に限って
介護の仕事で腰を痛めたりすることがあるんだって。

 

で、か弱い細い女性の方が意外とタフ、腰痛などのトラブルもなく仕事できてたりすると。
つまり、俺は筋肉ムキムキだし力があるしって過信して張り切り過ぎて痛めてしまうってやつですね。

 

運動や筋トレも同じで、毎日やってると、だんだん難なくこなせるようになるから負荷がかかってるかなって心配になって
どんどん追い込んでいくようなメニューになりがち。

 

んで、体っていうのは頑張ってくれるからけっこう無理ができてしまうんだけども、限界がきたらある日突然・・・ですからね。

 

筋肉疲労ってやつです。

 

出る場所は人によって違いますよ、それは。
上半身だったり、腰だったり、足首だったり、その人がやってる内容で無理がかかったところに出ます。

 

整形外科に行って、湿布をもらってしばらく休まなくてはいけない羽目になります。
それまでの練習もパーですよ。

 

・・・だからですね、毎日頑張っている人ほど、休息も練習の1つとして入れること、これは絶対です。
痛くなった時はかなりひどい・・・そう思って自分も毎日無理がかかってないか自問自答しつつやってますよ。

 

早朝ジョギングに飲む飲料は糖質の少ないスポーツ飲料に留めて

 

毎日の習慣となっている早朝のジョギング、アップダウンのきついコースがメインとなっている為、どんなに気温の低い冬の朝でも終盤にはかなりの汗をかき、また喉が渇いてきます。

 
自宅から飲料を持参するのも結構面倒臭く感じ、こんな時は大抵帰り掛けのコンビニでスポーツ飲料を購入し喉を潤して帰宅するのですが、最近ではその中にも罠が潜んでいる事を知り、気を付ける様になったものです。

 

というのも、一般のスポーツ飲料にはかなり多くの糖分が含まれており、特にダイエット中の身にとってはカロリー過多となってその効果が薄れかねないのです。

 

ですが既にスポーツ飲料の味や喉越しに慣れてしまった私にとって、いきなりそれらの飲用を止めるというのはちょっと抵抗感を受けるもの。

 

そうなれば折衷案という事で、同じスポーツ飲料でも糖質オフで味の薄めのタイプを厳選し、購入する様にしたのです。ただそのタイプの飲料を扱っているコンビニは結構少なく、時として購入出来ず帰宅するケースも・・

 

ですから今では結局、予め粉末タイプのそれらの飲料を作り置きし、ジョギングの際はそれを持参し飲む様になったのです。やはり飲料にもそれなりの手間暇を掛けなければダメ、という事ですね。